« 「いざ!山城の世界へ!」の巻(タウンニュース連載のお知らせ編) | トップページ | 「いざ!歩け!朝比奈切通しから鎌倉城へ!」の巻(ガイド編)後半戦 »

2016年7月31日 (日)

「いざ!歩け!朝比奈切通しから鎌倉城へ!」の巻(ガイド編)前半戦

今回は歩け歩けツアーで何回かガイドしたコースをご紹介!!
鎌倉朝比奈切通しから鎌倉に抜ける道をご案内します!

本日の手書きプリントはガイドの時に配ったものです。
ドキドキワクワク!クリックどうぞ!!
PDFになってます。
↓    ↓    ↓    ↓     ↓

Asahina1


午前10時に「京急金沢八景駅」に集合し、バスに乗って「朝比奈」のバス停まで行きます。脇道を入ると、朝比奈切通し入り口はすぐそこです。

Img_2851_2
朝比奈切通しを歩くツアーは鎌倉に集合して、朝比奈に向かってくるパターンが多いですが、あえて金沢八景駅からスタートしましょう。なぜなら、この道は六浦湊からの物資を鎌倉に運ぶために整備された道でもあるからです。

金沢八景からバスで通ってきた道、環状4号線。現在の上行寺のあたりまで、江戸時代あたりまで海でした。今でも「塩場」という地名が残っており、ここで製塩もしていたのです。
作られた塩と、船で運ばれてきた塩を鎌倉に運んだのでこの道は「塩の道」と呼ばれているんですね~。
なので、あえて私はこの物資運搬のルートで鎌倉入りしたいのです。
ちなみに金沢八景駅、文庫駅のあたりも海でした。

そんな話をして、切通し入り口に到着。
説明の案内板があるので、私も少し説明を。…オホン。

「え~、切通しとは鎌倉に入る入り口のことです。鎌倉七口とよく言われますね。まるで、鎌倉を守る城門のようですね。鎌倉時代のある公家の日記に「鎌倉城」という言葉が使われてるんですよ~」

とか、
「朝比奈切通しは和田義盛の3男、朝比奈三郎義秀が一夜にして切通したという伝説があるんですよ~。ただどう考えても一夜で出来るわけありませんよね。一夜城とか、たまに一夜という言葉が使われますね?あれは、ありえないほどの短期間でやったことを讃える意味で使われてたりするんですよ~」

などと、ゆる~い感じの説明を。
だいたいね、「西暦何年になんちゃらかんちゃら…」って話しても誰も聞いてないし、覚えませんもん。小難しい説明は極力割愛。どっちかというと、「へぇ~」みたいな話を中心に進みます。

朝夷奈と史跡の案内板に書いてあるけど、「朝比奈」と「朝夷奈」と、どっちが正しいんですか?

はい、いい質問をありがとうございます。正しくは「朝夷奈」です。と、いうのも、朝比奈三郎義秀は安房の朝夷郡(奈はつけない)を領地にもらったので朝夷奈を名乗ったんです。なので、もとは朝夷奈です。ただ、夷という字は「夷狄」、「東夷」のように未開の地の者とか野蛮人みたいな意味合いがあるので、いつの頃からか使わなくなったのかもしれませんね。

Img_8401_2
さて、そろそろ先に進もうかな…と思ったら、お猿さんと目が合ってしまいました。そう、庚申塚のお猿さんです。

よく見かけるけど庚申塚って何?
道教由来の庚申信仰から建てられたものです。
「庚申」というのは「庚(かのえ)」と「申(さる)」。干支の57番目に当たります。
この60日に一回まわってくる庚申の日の夜、寝てる間に自分の体から「三尸(さんし)」という虫が天帝に悪行を告げ口しに行くと信じられていました。そのため、寝ないで夜通し勤行や宴会をしたんですね。
最初は貴族の中で流行したんですが、その庚申信仰にいろんな信仰や習慣が混ざって、庶民に広がりました。それで、庚申のための組織のような庚申講が作られ、道の辻とか、村境とかに塚を建てたりしたんですね~。

「申」ということで三猿が彫られているものをよく目にしますね。江戸後期になると、文字だけの質素な塚が増えました。その辺にたくさん庚申塚はあるので、見かけたら絵や文字に注目してみると面白いかもしれませんね。


ということで、やっと切通しの峠道に入ります。
まだ切通しに入ってないのに、結構な文章量…オーマイガッ!
ここからは写真で紹介して、サラっと行きます。
このコースのガイドはご要望があればツアーをセッティングするので気軽に言ってください。メールでもブログ内のコメント欄でもOKですので。声かけてくれれば、日にち等調整します。お会いしたことがある方もない方も大歓迎です!

Img_8431_2
ということでまず最初の見せ場!ジャジャーン!高速道路~!
え?高速道路?
いや…だから…私が言いたいのはね、このコントラストですよ。
昔の削ったノミの跡を残すこの切通しの上に、高速道路が走ってるんですよ。この異物感ハンパない!


Img_2857
さてお次の見せ場は「小切通し」。
見事に鎌倉時代の風情を残してますね!!

Img_9424_2
さて、頭上にある「やぐら」。はるか上の方にありますが、なんであんなに高いところにあるんでしょう?…なんて話もしながら進みますよ。


Img_9493_2
そして、熊野神社への分岐点到着。目の前は大切通し。そして平場もあります。罠ですよ、みなさん!ぼーっとしてると、やられちゃいます!
と、慌てて熊野神社方面へ。

この熊野神社は鎌倉八幡宮の北東にあたり、鬼門としての役目があったと言われてます。
山の中に立派な神社が現われて、結構驚きますね。鳥居の手前には不自然な平場があります。鎌倉幕府の有力御家人の屋敷があったかもしれませんね。野神社の裏手に、十二所果樹園のほうに抜ける道があります。その道が旧道にあたります。


Img_9490_2
そして、大切通しに戻ります。
ここには城門のような門がありました。鎌倉への入り口ですね。
この岸壁は18m!!垂直に聳え立っています。上から石でも投げられたら、ひとたまりもありません!

Img_9491
このあたりには大きな石がゴロゴロしてます。名越の切通しにも転がってます。これも仕掛けの名残りです。
昔の馬は平均120cmくらいのずんぐりむっくりした馬です。足が短くて太い。そのかわり、山を登れました。その馬には、この大きな石がかなりの障害になったんですね。足が短いから、またぐのが大変だったんですね。

ここから下りになります。横浜市から鎌倉市に入りました。

Img_2874_2
そして、かわいい石仏。いつ誰が彫ったかは分からないけど、たくさんの旅人をほっこりさせたに違いない可愛らしい仏さま。

癒されてホワンとしている場合ではございません。ここから、滑りやすい箇所に入ります。晴れの日が続いても、ぬかるんでます。過去に私もスッテンコロリンしてますので、みなさま、景色を見ずに足元をしっかり見て歩を進めてください!!油断禁物!!


Img_0101
やっと、「あら、小川がきれいだわ」と、余裕が出てきた辺りで石垣があります。
さて、ここは何だったでしょう?
うふふふ、秘密。

さて、関東大震災前まで使われていた石切り場や、三郎の滝を過ぎると、大刀洗に出ます。

Img_9488_2
梶原景時が上総介千葉広常邸を襲撃したあとに刀を洗ったという伝説が残ってますね。



Img_2885_4
小川沿いに進むと、民家がちらほらと出てきます。すると、こんもりとした土の盛り上がり。これは砦跡として史跡指定されています。吾妻鏡にも「砦」と書かれていて、見張り、木戸のようなものがあったと推測されます。
写真の分かりづらさはご容赦を!

Img_9890
左手のひよどり公園の地形も怪しいなーと思いながら進んでいくと、また変な土の盛り上がりが!なんか変なところに庚申塚がありますぞ?
ここもさっきの砦から続く塁壁施設の一部です。
ずいぶん高い位置に庚申塚を作ったのね…じゃなくて、当時はあの高さが道の高さっだったってことです。面白いね~。
すぐ横を走る県道は、鎌倉霊園が日本軍の基地だった時に物資を運ぶために開いた軍用道路です。この道路がが開通したために、朝比奈切通しは旧道として昔の姿をとどめたまま残ったんですね。ラッキー!

では、後半戦は十二所から寺社仏閣に立ち寄りながら鎌倉駅に進みたいと思います!
カミングスーン!こうご期待!

一気に書こうと思いましたが、書き手も読み手も疲れますのであしからず…

|

« 「いざ!山城の世界へ!」の巻(タウンニュース連載のお知らせ編) | トップページ | 「いざ!歩け!朝比奈切通しから鎌倉城へ!」の巻(ガイド編)後半戦 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「いざ!歩け!朝比奈切通しから鎌倉城へ!」の巻(ガイド編)前半戦:

« 「いざ!山城の世界へ!」の巻(タウンニュース連載のお知らせ編) | トップページ | 「いざ!歩け!朝比奈切通しから鎌倉城へ!」の巻(ガイド編)後半戦 »