« 「いざ!大多和城へ!」の巻(タウンニュース連載記事) | トップページ | 「いざ!平作城へ!」の巻(タウンニュース連載記事) »

2017年3月 7日 (火)

「山城ガールむつみの寺子屋!」の巻 其の参

あっという間に第三回目となりました!山城ガールむつみの寺子屋!!
奇数月の第4金曜の19:00から開催しておりますよ。
小一時間くらいの楽しいお話会です。
場所は浦賀駅徒歩2分の「クールクランカフェ」です。


金曜の夜にこんなにたくさんの物好きの方に来ていただき感謝。
始まる10分前に3人しか参加者がいなかったので、これはヤバイ!!…と青ざめていたら、なんとなんと満員御礼~!「ホッ」とひといき。
嬉しいことに毎回初参加の方が数名います。こうやってどんどん増えて行ってくれたら嬉しいな。歴史の楽しさをどんどん伝えられたらいいな。

Img_2627

またまた山城の説明したり、雑談したり、本の紹介したり、三浦半島の中世の説明と山城の紹介したり。あとは日帰りで行ける山城めぐりのコース紹介したりと盛りだくさん!
基本小難しい話はナシ。歴史初心者…というより、まったく歴史に興味ない人、学生の時に歴史が大嫌いだった人にも聞いてもらえるように心がけてます。私自身が大学まで歴史大嫌いだったので気持ちわかるし。

今回の横須賀の城の紹介コーナーは「小矢部城」でした。
横須賀市民の5%くらいしか認知度がないであろう城址。開発される前の城の名残りがほんのりと分かる写真を見せながら紹介しました。結構、「へー…。ほー…。」と興味を持ってくれたような反応があり、よかったよかった。
城址だと言う認知度を上げないと、どんどん史跡破壊が進みますからね。まずは声を大にして吉田市長にお願いしようっと!この前、「自分の住んでる近くの山が山城に見えてきました」って言ってくれたので。


今回からの勝手に新コーナー。「山城ガールむつみのオススメの一冊」
私は子供のころから、本が大好きだったので、ぜひ本の紹介コーナーをやりたかったのです。ただ、「寺小屋」ということなので一応、歴史がらみの本を紹介しようと思います。さすがにハードボイルドや推理小説じゃ、ちょっとね…。
記念すべき一冊目は「横浜をつくった男 高島嘉右衛門の生涯(高木彬光著)」!!
これ、めちゃめちゃ面白いです。
冒険談のようなワクワクする歴史小説でした。高島嘉右衛門の若き頃の熱意と情熱。易聖・高島嘉右衛門のイメージをいい意味で覆す熱い小説になってます。
高島嘉右衛門の商人の部分をあまり知らなかったので勉強にもなりました。
当たり前だけど、明治につながる流れが江戸時代から脈々と続いてるんだなという人の繋がりや、出来事の連なり…また違う側面から歴史が見えてきたような。とてもいい小説でした。
後日談ですが、数人の方から買ったよ!とか、読んだらすごく面白かった!なんて連絡をいただきました。本が大好きだから、こういうの嬉しいな。次は何を紹介しよう!?と楽しみが増えました。

Image1_003

今回はサプライズで何年も会ってなかった高校の友達が子供を連れて来てくれました。嬉しすぎてビックリ!しかも、子供さん(名前はノノちゃん)は小学2年生の女の子なんだけど、メモとってるーーー!!きゃー、緊張する~。終わった後にノノちゃんのメモを見せてもらったら、「山城は山全部がお城。仕掛けがいっぱい。面白そう、行ってみたい」と書いてあり、なんか感動!!ちゃんと楽しさが伝わってる!
高校の友達はバリバリの理系女子なんだけど、「歴史全く興味ないけど、面白かった。ついつい引き込まれて聞いちゃった」だなんて最高の御言葉。泣ける~。

さらにまた別の数年会ってない友達も来てくれました!サプライズが重なりビックリ!
彼女は元吉本興業の芸人さんで、元相方は有名な女芸人です。持つべきものは友達だ。

ということで、今回も笑いあり涙ありで楽しい一時間でした。

Img_2642
次回の開催は3月24日(金)19:00からです。
奮ってご参加くださいまし。

|

« 「いざ!大多和城へ!」の巻(タウンニュース連載記事) | トップページ | 「いざ!平作城へ!」の巻(タウンニュース連載記事) »

旅行・地域」カテゴリの記事

城・歴史」カテゴリの記事

趣味・ガイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「山城ガールむつみの寺子屋!」の巻 其の参:

« 「いざ!大多和城へ!」の巻(タウンニュース連載記事) | トップページ | 「いざ!平作城へ!」の巻(タウンニュース連載記事) »