« ≪告知!≫寺子屋スペシャル!第二弾!! | トップページ | ≪告知≫「いざ!小机城へ!」参加者募集中 »

2018年4月 8日 (日)

「山城ガールむつみの寺子屋!」の巻 其の十

寺子屋其の十!
記念すべき第10回を3月23日(金)にやらせていただきました。
今回も満員御礼!どうもありがとうございます。

Img_6087

先月行ってきた鹿児島旅行の土産話(土産はない(笑))などから。
薩摩藩主の別邸の仙厳園がいかに美しかったかとか、大河ドラマの西郷どんのロケとかに絡めながら、ツラツラとお話し。
鹿児島城の大手門が平成32年に向けて、復元されるとのこと。7億ですって!ちなみに、逗子市は7億の赤字ですって。


Img_6535_2
この写真は鹿児島城の大手門の石垣。西南戦争で大砲や鉄砲を撃ち込まれた痕です。左上から右下にかけて、痕跡がびっしりとついてます。
他にも土産話をいくつかさせてもらいました。



他には、時代区分を見直しましょうなんて提言した学者さんがいて、そんな話がニュースになってたんですよなんて話とか。
この時代区分見直しの提案は、今までの
「縄文・弥生・古墳・飛鳥・奈良・平安・鎌倉・室町・安土桃山・江戸」
では、場所なのか、文化の名前なのかよくわからなくて統一されてないから見直そうという話が出たらしい。


じゃ、何にしようというのかというと、
「古墳・大和・山城・北条・足利・織豊・徳川」
にしましょうというもの。うーん…。どうでもよくない?いまさら…という感じ。
ヨーロッパとか中国に倣って、王権の名前にしようということらしいけど、それってどうなの?そんなこと言ったら、日本なんて、王権ずっと変わってないじゃん。
そもそも、「北条」って。源氏はどこに行ったの??
「山城」って、結局王権の名前じゃなくて、場所じゃん。「織豊」に至っては、織田と豊臣混ざっちゃってるし。
こういう感覚で歴史を教えようとするから、歴史苦手な子が育つんだよ~と、自分が歴史嫌いだったので歴史嫌いな人の気持ち、よくわかりますので。

Img_6086


今回は戦国大名のお城の庭園の話なんかもしました。戦うという側面だけじゃなくて、ハレとケの場所がつくられるような公式な役割や庭園という、軍事と違うお城の顔。とくに津久井城で発掘された庭園と小田原城の御用米曲輪の話などを。

津久井城は小田原北条氏の家臣の内藤氏が城主。そこに庭園があったというのは驚き。庭園の池に水を引き込む導水路遺構が発掘されたんです。家臣クラスでも北条氏の城には庭園があったんだ!!とビックリ。今後の研究が楽しみですね。


あとは先日行ってきたシラス台地のお城のお話し。志布志城とか知覧城とか。これは、近々ブログで書きます!必ずや!(最近全然、ブログ更新してない…)

Img_6568_2
鹿児島城にある博物館「黎明館」の志布志城の模型!!凄すぎて、どひゃーですね!


Img_6904_2
志布志城の土塁の高さったら!
わたしがコビトに見える~!!


今回の三浦半島のお城紹介は「津久井城」。これは相模原の津久井城ではなく、横須賀市津久井浜のほうにある津久井城。三浦義明の弟の義行が「津久井氏」を名乗ったのが始まりです。その次男の高行が横須賀の津久井を継ぎました。その長男の為行が相模原の津久井に行ったんですね。なので、相模原の津久井は元は三浦の津久井ということになるんです~。すごいぞ、三浦一族!!しかも面白いのが、この為行は「矢部為行」と書かれてる文献もあるということ。
「矢部」といえば、横須賀の「大矢部、小矢部」。三浦一族の本拠地です。もしかしたら、相模原の矢部、横浜線の駅でもある「矢部」というのも三浦から持ってった名前かも!!なんて、考えると面白いですね。すごいぞ、三浦一族!!

ちなみに、北鎌倉の円覚寺の寺伝によると、1332年に北条高時が円覚寺に法堂を新設するときの材木を奥三保から調達したとのこと。奥三保とは、まさに相模原の津久井のあたり。鎌倉幕府と関係が強い土地ということになり、鎌倉の有力御家人の三浦氏が関係してても何ら不思議はないですね~。
こういうことを考えるのが歴史を楽しむ醍醐味ですね。

Img_8674_2


あとは三浦氏の海外貿易の話とか、福岡県の宗像を三浦氏が抑えてた時の話とか、そんな話をしつつ、今回の本の紹介コーナーは「猫の日本史」。
日本最初の猫ブログともいうべく猫日記を書いたのは、宇多天皇なんですよとか、千姫と猫の少し切ないお話をしたりと、今回もいろんな話をさせてもらいました。

では、次回は5月25日(金)19時から!!よろしくおねがいします!

追伸
4月15日(日)の寺子屋スペシャル「多々良城を探せ」は定員オーバーしましたので、募集を締め切りまーす。晴れますように。

|

« ≪告知!≫寺子屋スペシャル!第二弾!! | トップページ | ≪告知≫「いざ!小机城へ!」参加者募集中 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

城・歴史」カテゴリの記事

趣味・ガイド」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「山城ガールむつみの寺子屋!」の巻 其の十:

« ≪告知!≫寺子屋スペシャル!第二弾!! | トップページ | ≪告知≫「いざ!小机城へ!」参加者募集中 »