« 神奈川新聞に掲載されました!! | トップページ | 上総池和田城の御城印プロデュース!!の巻 »

2020年6月 1日 (月)

三浦一族御城印帳が販売開始!!

三浦一族御城印帳

価格:3,500円(税込み)

40ポケットの蛇腹タイプ


Img_3065_20200601020901



Img_3066_20200601020901

​遂に完成しました!やっと発売開始です。
我ながら、なんてカッコいいデザインなんだ!!自画自賛です♡

​表面と裏面が異なるデザインなので、ひっくり返して何度でも楽しめます。
一粒で二度おいしい御城印帳の完成です。
大好きな三浦一族に想いを込めてデザインしました!!

三浦一族御城印取り扱い店のCool Clan URAGAでお求めいただけます。

​通販でも購入いただけますので、当サイトの「通信販売」ページで詳細をご覧になってからお申込みください。
※送料は「通信販売」ページに詳細の記載してあります。
通信販売ページはこちらをクリック!


表面
Img_3278

キャー!素敵!

江戸時代に書かれた各家の家紋紹介の
文書に、三浦氏の家紋カラーは「黄紫紅(きむらご)」と書かれています。
それをもとに表紙は「きむらご」のカラーにしました。

表面デザインは笠懸の武士をモチーフにし、三浦一族の家紋「三引き両」を的に見立てました。
三浦一族は武芸に秀でた一族でした。吾妻鏡には笠懸の射手を務めるなどの栄誉に預かった場面がたびたび登場します。

ひよどりごえの逆落としの佐原義連のエピソードをはじめ、三浦一族は馬も弓もお得意だったんでしょうね。




裏面

Img_3279

​キャー!素敵!


三浦氏は馬術にも優れていましたが、水軍を率いる海の一族でもありました。
守護や地頭として、全国の湊を押さえ、勢力を拡大していったのです。
その一族を先導するのは妖狐「九尾の狐」です。三浦義明の殺生石伝説をモチーフにしました。
怪しげな光を放つ妖狐に導かれるように一族が全国各地に飛び出して行き、歴史上稀に見る一族へと発展していったのです。

御城印帳は蛇腹タイプで、40ポケットです。
裏はポケットがないので、城と縁のある寺社の御朱印をいただいたりするのもいいかもしれませんね!!

Img_3277
ぜひお買い求めいただき、お手元でニヤニヤしながら楽しんでください。

あと、御城印帳を入れる御城印袋も同時発売です。
私が布を選んで、作っていただきました。
こちらもとても素敵です♡

いまのところ、デザインは2種類。どちらも税込み1000円です。

①龍
一点ずつ手作りのため、商品によって若干柄の違いがあります。ご容赦ください。
Img_3280

Img_3281


②城(ブルー)
Img_3284



サイズ感はこんな感じです。
和服にも合うので、ポーチとしても使えそうです。

Img_3286


 

|

« 神奈川新聞に掲載されました!! | トップページ | 上総池和田城の御城印プロデュース!!の巻 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

城・歴史」カテゴリの記事

趣味・ガイド」カテゴリの記事

山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神奈川新聞に掲載されました!! | トップページ | 上総池和田城の御城印プロデュース!!の巻 »