« 11月正解発表!多古城郭保存活用会発行の御城印 | トップページ | お城EXPO告知&新デザイン御城印と御城印帳の先行販売のお知らせ!! »

2020年11月27日 (金)

NEW御城印の発行のお知らせ「小金城・根木内城・玉造城・造海城」

11月28日からまた新たに千葉県内で4つのお城の御城印が発行されます。
すべてデザインと説明文を担当させていただきましたー!!
松戸市「小金城、根木内城」
多古町「玉造城」
富津市「造海城」
です!


小金城

販売場所:流山鉄道「小金城趾駅」
千葉県松戸市横須賀1-19
販売時間:始発から終電まで

Photo_20201127152101

小金城は高城氏の本拠の城です。
もとは高城氏の主筋の原氏が使ってたとされる小金城を高城氏が整備拡張し、本佐倉城、臼井城に次ぐ規模の城になりました。戦国期には小田原北条氏に属し、小田原が開城となった後は廃城となったと思われます。



根木内城

販売場所:流山鉄道「小金城趾駅」
千葉県松戸市横須賀1-19
販売時間:始発から終電まで


Photo_20201127152103
根木内城は高城氏の本拠小金城の支城です。
もとは高城氏の主筋の原氏が使ってたとされる根木内城を高城氏が整備拡張し、支配の拠点としていました。しかし、手狭になったために小金城に本拠を移したとされます。
発掘調査では堅固な障子堀が見つかっています。



玉造城

販売場所:道の駅多古あじさい館
千葉県香取郡多古町多古1069-1
0479-79-3456
午前9時~午後7時(但し9月~3月は午後6時まで)
※御城印キャンペーンの投票箱が設置されている2階の情報センターは午前10時~午後6時(但し9月~3月は午後5時まで)
休業日:年末年始(1月1日~1月2日)  


Photo_20201127152102
玉造城は野平氏の城と伝わり、戦国期に野平氏は小田原北条氏に属していました。そのため、1590年の小田原城開城の際に玉造城も開城になったといいます。
今も敷地内には野平氏のご子孫が住んでいて、きれいに整備してくださっています。


造海城

販売場所:清藍荘(せいらんそう)
千葉県富津市萩生160番地
TEL 0439-69-8336
午前9時~午後5時
年中無休

Photo_20201127152104
造海城は浦賀水道に面した丘陵築かれました。上総武田氏が上総進出の際に取り立てたと思われます。
戦国期には里見氏の家臣、正木氏の城として機能しました。対岸には小田原北条氏の水軍拠点、浦賀城がはっきりと見え、当時の緊迫した軍事状況が想像できます。

すべて、歴×トキのサイトからも通販できます。

|

« 11月正解発表!多古城郭保存活用会発行の御城印 | トップページ | お城EXPO告知&新デザイン御城印と御城印帳の先行販売のお知らせ!! »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

城・歴史」カテゴリの記事

趣味・ガイド」カテゴリの記事

山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11月正解発表!多古城郭保存活用会発行の御城印 | トップページ | お城EXPO告知&新デザイン御城印と御城印帳の先行販売のお知らせ!! »