2024年2月29日 (木)

産経新聞コラム「足利基氏館」

毎月連載させていただいてる産経新聞のコラム✨
2月は比企岩殿の「足利基氏館」です✨

足利尊氏の子である鎌倉公方足利基氏が宇都宮一族芳賀氏と戦ったときに陣にしたとされる場所です。
ここは基氏の伝承が残るだけでなく、古くからの霊場でもありました。
中世武士の信仰も垣間見える素敵な史跡です♪
ぜひ、読んで行ってみてください。
ツアーやりたいなー。

前編こちら
「足利基氏館」(前編)『鎌倉公方の伝承が残る館跡』 埼玉のお城出陣のススメ 山城ガールむつみ(産経新聞) - Yahoo!ニュース

後編こちら
「足利基氏館」(後編) 「いざ、足利基氏館へ」 埼玉のお城出陣のススメ 山城ガールむつみ(産経新聞) - Yahoo!ニュース

Img_0888

Img_0887

| | コメント (0)

2024年2月26日 (月)

KKR松汀園の4月~6月ツアーのお知らせ

毎月開催させていただいているKKR逗子松汀園の美味しい&楽しいツアーの4月以降の告知です✨
今回も楽しいコースです。
何度歩いてもきっと新しい発見が♪

楽しく歩きましょう~。
とにかく、KKR松汀園ツアーは美味しい♡

13時から3時間くらい歩いて、逗子のKKR松汀園に移動して、夕食の会席料理をいただきます。
私もお食事には同席しますので、食べながら楽しい歴史トークを繰り広げます笑

満席になってしまうので、お早めの予約をおすすめします。
KKR松汀園に予約&問い合わせお願いします。

Kkr_20240222033001

ちなみに2月29日は大庭城、3月11日と25日は浦賀城です。







| | コメント (0)

2024年2月24日 (土)

日経新聞「ひと輝く」記事掲載のお知らせ

日経新聞に記事が掲載されました✨
「ひと輝く」という人物紹介の記事です😌

山本記者が書いてくれました。
素敵な記事にしてくださって嬉しいです♪

Img_0636

日経電子版に無料登録すると全文読めます🙋‍♀️
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC173AW0X10C24A2000000/

| | コメント (0)

2024年2月22日 (木)

モンベル・フレンドフェア出演の知らせ

千葉県山武市で行われる「モンベル・フレンドフェアin九十九里」に出演させていただきます✨
4月20日(土)です。
私はトークショーです。
(おそらく15:30-16:10です)

アウトドアと山城の話しようと思います。
登山だけじゃなくて、山では歴史を城を楽しむことができるよ、とかそんなお話を。
大体、ハイキングしてると、山という山は城だし。

景色を楽しんだり、自然を楽しんだりという登山もいいけど、そこに歴史が加わると爆発的に楽しくなるので、その楽しさをお伝えしたい☺
なので、ずっと前からアウトドアブランドに、「山」ではなく「山城」をPRする機会が欲しいと思ってました。
だから、楽しみ!!!

特にモンベルは 日本の企業だし、色んな地域と結びつきながら、アウトドアで地域活性の取り組みをされてるのでずっと気になっておりました♡繋がれて嬉しい♡

と、いうことで当日は地域にある自然豊かな山に、いかに歴史が埋もれてるかをお話しようと思います(-o-)/
良かったらお越し下さい✨

うひゃー!
同じ日に宍戸開さんがいらっしゃる!!

モンベル | モンベルクラブ・フレンドフェア in 九十九里(千葉県) | (montbell.jp)

| | コメント (0)

2024年2月21日 (水)

椿の海サミット2024講演会&山城ツアー


千葉県旭市で、椿の海周辺の歴史とお城の面白さについての講演をやらせていただきました✨

Img_4901

「椿の海」は匝瑳市、旭市、東庄町にかけて広がっていた内海です。
江戸時代に干拓されて大水田地帯になるまでは、水上交通の要衝地でした✨
そのため、たくさんの城が築かれ、歴史が育まれ。
ものすごく魅力的で面白いエリアです😊

講演会では香取市文化財課の鬼沢さんとトークセッションもやらせていただきました😌
鬼沢さんとは去年、香取市の講演会のときにもトークセッションを。
とても好評いただき、再度、鬼沢&むつみコンビが結成されました😁

講演では、古くから水上交通が発展したエリアであることを伝えたかったので、丸木舟、古墳、再葬墓、古代寺院、墨書土器などの話をしました。いかに、この地域が奧州への玄関口として、古代から大事であったか。大和朝廷をも密接に繋がるエリアであったかなどなど、楽しくお話しできました✨

そんな話から、中世戦国時代の城の紹介と、城の位置などから椿の海、香取の海周辺の当時の水上交通ルートを推理したり、すごく楽しかったです♪


Img_4958

Img_4969

大笑いしてる笑
なんの話してるんだろう😝

トークセッションでは、素朴な疑問や私の推理など、鬼沢さんにたくさん質問。

鬼沢さんは優しく、熱く答えてくれてとても嬉しかったです。
鬼沢さんとまたトークセッションやりたいなー♡



違う日ですが、この講演内容に則したツアーもやらせていただきました。

Img_0610

ツアーでは、椿の海から多古町へのルートを追いかけながら、地域の歴史と城を堪能しました✨
銚子沖を避ける内陸ルート。九十九里、栗山川、多古、飯高、内山、飯塚、椿の海。
そして、香取方面へ。
水田地帯になって、江戸時代には江戸へ運ばれる米の生産地になって「干潟八万石」と称された椿の海。
ツアーで、歴史に想いを馳せながら眺める景色は最高です。

ツアーに参加くださったみなさんの目の前には、かつての椿の海、そしてそこを行き交う舟が見えたかもしれません。
私には、しかと見えました!笑

ツアーには、匝瑳市の宮内市長がツアーに来てくださり、さらには匝瑳市シティ・アンバサダーのハリキリ戦隊ソーサマンのソーサレッドも来てくれて🙌ソーサマンは、匝瑳市シティ・アンバサダーの同僚です😁
ソーサレッドは、食事会場まで案内してくれたり、バスにも同乗してくれたり、大いに盛り上がりました😆(ちなみにソーサマンはイエローとブルーもいます🙋‍♀️

Img_0604

匝瑳城郭保存活用会の都祭さんとソーサレッドとわたしと宮内市長✨
都祭さんは、町おこしに尽力している市議会議員さんでもあります。


Img_0565

Img_0516

Img_0611
宮内市長も匝瑳市の魅力について語ってくださったり、大歓迎ムードでとても嬉しかったです❤
匝瑳城郭保存活用会のメンバーも応援に駆けつけてくれました。

今回の講演、ツアーともに、県外からたくさんの方に来ていただきました。
地域の歴史は、地域の資産です。宝です。
どこの地域の歴史や城も十分に武器になります。
歴史を使って、各地で楽しく盛り上がれれば良いなと思います♡

とても魅力満載なエリアなので、ぜひ足をお運びください🤭



Img_5119

| | コメント (0)

2024年2月15日 (木)

ツアーのお知らせ

3月から6月のツアー、いくつか募集開始になったので、募集中のものとあわせて一気にお知らせいたします。
気持ちの良い季節なので、楽しく歩きましょう~♡

3月6日(水)
古くから存在したと考えられる白山道の一部を歩きます。
六浦湊に接するこのエリアは、水陸交通が交わる要衝地。
平安時代の終わりには秩父平氏がこの辺りまで進出していました。なので、畠山重忠、重保父子の伝承が残っています。
また、このエリアは戦国時代には水軍衆伊丹氏の本拠地。
海と密接につながる地域の歴史を紐解きながら歩きます。
海上交通の祈願所と思われる神社などにも立ち寄り、しっかり歴史を感じましょう。
【歴史めぐり】いざ、「白山道」「六浦湊」「畠山重忠」「江戸湾の水軍」! (helloaini.com)


3月8日(金)

茅ヶ崎城と大塚・歳勝土遺跡ヘ。
街中にポカっと残る茅ケ崎城。史跡公園内も楽しいですが、私は周辺の城下が大好き。
新興住宅地に残る歴史を楽しみましょう。
【歴史巡り】茅ヶ崎城&大塚・歳勝土遺跡へ~市街地に残る歴史を楽しもう~ (helloaini.com)

また、この日は横浜市歴史博物館で開催している特別展がオススメ!
ツアー後にぜひ見学いただければと思います✨
證菩提寺の木造阿弥陀如来及両脇侍像や眞葛焼などが展示されます。
わたしも帰りに見て帰るつもりです♪
【同時開催】令和5年度横浜市指定・登録文化財展/ヨコハマの輸出工芸展 | 横浜市歴史博物館 (city.yokohama.jp)


3月21日(木)
白山道の一部を通って鎌倉に抜けます。
鎌倉と六浦を結ぶこの道は、バイパスとして重要な道だったと思われます。
いまは、歩きやすいハイキングコースになっているので、気持ちよく歩くことができます。
歩いてると、ところどころに「やぐら」や石塔があり、中世の趣を楽しめます♪
【歴史めぐり】いざ、鎌倉「執権北条氏ゆかりの金沢から瑞泉寺へ」 (helloaini.com)


3月23日(土)
千葉の市街地には歴史が山盛り。

オフィスビルや官庁街に、こんなに歴史が?!と驚くほど歴史が詰まってます。
名族千葉一族が頼朝を迎えた伝承や、頼朝のために戦った戦い、様々な痕跡が残ります。
千葉の街は、海に面した湊町。今ではピンときませんが、じっくり歩くといろんな歴史が見えてきます♪
【歴史】名族千葉一族の歴史を紐解く~千葉氏ゆかりの地や猪鼻城めぐり~ (helloaini.com)


3月30日(土)
季節的に一番いい時期に山城を楽しみましょう!
戦国時代の河村城と、平安鎌倉南北朝期の河村館と、両方楽しんでいただけます。
何度行っても楽しい河村城に出陣♪
【歴史めぐり】いざ、河村城!「地域の歴史と戦国時代の山城を楽しもう」 (helloaini.com)


4月16日(火)・4月28日(日)

絶景を楽しみながら歴史散策しましょう。
三浦義村の墓をお参りしたら、沿岸部のウォーキング。
このエリアは、海上交通の要所として、いろいろな歴史が埋もれています。
特に戦国時代には、小田原北条氏と里見氏の戦いの舞台になりました。
そんな歴史をじっくりと歩いて紐解きます✨
【歴史めぐり】三浦義村の墓&金田湾沿岸部を深掘りして楽しもう (helloaini.com)


5月12日(日)・5月20日(月)

春のまんだらどう公開にあわせて、名越切通を歩きます。
名越がいかに大事な場所かというのを、じっくり歩いて感じていただくコースになってます。
ハイキングとしても歩き甲斐があり、楽しいコース✨
【歴史めぐり】いざ、鎌倉「名越切通し&まんだら堂」古道を探そう (helloaini.com)


5月14日(火)・5月19日(日)
藤沢の市街地を歩きます。遊行寺は丘陵の突端に位置し、かなりの要害です。

実際に遊行寺周辺では何度も戦いが起きてます。
特に上杉禅秀の乱では主戦場の一つになってます。
また、遊行寺の丘陵から玉縄城方面にかけては、尾根筋にいくつも城が築かれました。
今回は「おんべ山砦」と呼ばれる山へ。と、言っても今はマンション街で、城があったなんて信じられません。
そんな住宅街でブラタモリのように歴史の痕跡を探しましょう♪
【歴史めぐり】遊行寺&おんべ山~藤沢の街中で中世戦国時代の痕跡探し~ (helloaini.com)


6月2日(日)・6月11日(火)
衣笠城へ。今回は衣笠城から平作エリアに抜ける山道を歩きます。

伝承では畠山重忠が攻め寄せた道筋。
気持ちのいい山道を、当時の合戦の日に思いを馳せながら楽しく歩きます。
山道を抜けたら、三浦一族平佐古氏の屋敷があったと伝わる平作に到着。
現在は「しょうぶ園」になっている周辺が戦国時代の平佐古城です。
6月は菖蒲が楽しめます♪いい季節なので、衣笠城&しょうぶ園を楽しみましょう。
【歴史めぐり】いざ、衣笠合戦へ~畠山重忠が攻め寄せた搦手の道筋を歩く~ (helloaini.com)





| | コメント (0)

2024年2月 6日 (火)

逗子ウォーキングコース掲載のお知らせ

逗子市&逗子市観光協会HP「逗子旅」に、ツアーで歩いたコースがモデルプランとして紹介されています。
とても分かりやすく素敵な記事にしてくださってます♡

逗子市観光協会さんとは、過去に3コースご一緒させていただきました。
その3コースすべてがHP「逗子旅」で楽しめます✨一緒に歩いた方も、歩いてない方も、ぜひ、HPを見て現地を歩いてみてください♡

逗子では、2/9-18の期間に「逗子吞み 逗子食べ」という美味しそうな企画が開催されます。
歴史散策とあわせてお楽しみください(*^-^*)

〇三浦一族の歴史を楽しもう!「小坪合戦&住吉城へ!」
https://www.zushitrip.com/itineraries/detail_21.html

〇地元の歴史を掘り起こそう!「いざ、神武寺から沼間へ!」
https://www.zushitrip.com/itineraries/detail_29.html

〇市内に眠る古代から中世の歴史の痕跡を探そう!「長柄桜山古墳や六代御前の墓へ」
https://www.zushitrip.com/itineraries/detail_33.html

| | コメント (0)

2024年2月 3日 (土)

産経新聞連載コラム「河越館」

産経新聞埼玉県版に連載させていただいているコラム(1月掲載分)がYahooニュースで全文読めるようになりました✨
今回は秩父平氏河越氏の居館「河越館」です。

河越氏は娘が源義経の妻になるなど、鎌倉幕府の有力御家人。鎌倉殿の13人では三浦透子さんが演じていて、平泉でものすごい最期を迎えたのも、かなり印象的で記憶に鮮明に残っています。
河越館は、南北朝時代に大きな戦いも起きるなど、歴史的にも重要な城館です🙋‍♀️

ネットニュースではキャラクターは登場しませんが、紙面だとキャラクターも登場して楽しい雰囲気のコラムになってます♪
毎月第一第三土曜に掲載。
ちなみに、今日の新聞には2月分の「足利基氏館(前編)」が掲載されてまーす✨
山城ガールむつみ・埼玉のお城「出陣のススメ!」 「河越館」(前編)『中世薫る名族河越氏の館跡』
 
山城ガールむつみ「埼玉のお城 出陣のススメ」 「河越館」(後編)『いざ、河越館へ!』

| | コメント (0)

2024年1月31日 (水)

歴×トキ2023アンケート✨

年末から年始にかけて、たくさんの方から歴×トキ2023 アンケートに回答いただきました✨
ちなみにこのアンケートは、「山城ガールむつみ公式LINE」にご登録いただいている方に配信させていただきました。
(「山城ガールむつみ公式LINE」に登録いただくと、LINE配信のみで得られる情報も入手できますので、ぜひ登録してください♪)

遅くなりましたが、アンケートに寄せていただいた皆さまのコメントや想いなどをご紹介させていただきたいと思います。
なんとか1月中に発表できました笑
遅くなってすみません(_ _)

127人の方にご回答いただきました。
どの回答も読んでるだけで、楽しく、熱く、面白く、素敵でした✨
大河ドラマの回答は、始終ニヤニヤしながら拝見しました。

また、応援や励ましのお言葉、数々の温かいメッセージをいただき、読みながら涙しました(T-T)(⇐ほんとほんと)
いただいた言葉たちで、今年一年頑張れます♡
また今年も年末に温かいメッセージをいただければと思います笑


ということで、アンケートのまとめや抜粋を以下にPDFで添付します。
もっと要約したり、抜粋したりしようと思ったのですが、寄せられた言葉の一つ一つが嬉しくて。
箇条書きですが、かなりの量のコメントを掲載させていただきました。似ているコメントはまとめたりしてますが、私とみなさんの気持ちが溢れたアンケート結果になっています。
アンケートの合間合間には簡単なコメントも書きました。


大河ドラマの回答に関しては、ものすごく面白かったので、書いてくださった方の回答はほぼそのまま掲載します。言葉尻とかもそのまま笑。最高に面白かった。今も笑いながら書いてます。
題材や配役のみならず、創作あり、ちょっとしたプロットありで最高に楽しい回答の数々でした(^_^)

回答して下さった方も、回答されていない方もとても楽しく読んでいただけると思います✨

今後のツアー希望もたくさんご要望をいただきました。参考にしつつ、楽しい企画を作っていきますね。
このアンケートを通して、回答いただいた方ともいただいてない方とも対話ができた、そんな幸せな気持ちでいっぱいです。
おかげさまで素晴らしいコミュニティです♡これからも一緒に楽しみましょう。ますます頑張ります💨

私への温かいメッセージは本当にたくさんのお言葉いただきました。データ保存して宝物にします♡

これに関しては私の胸に秘めておきます♡きゃっ♡

ではでは、歴×トキ2023アンケート結果、発表です♡
超大作!
とくとご覧あれ~✨
PDFポチっとどうぞ。
⇓⇓⇓
ダウンロード - e6adb4c397e38388e382ad2023e382a2e383b3e382b1e383bce38388.pdf
※少し改行等を修正しました。(2023.0201改訂)

 

 

 

 



 

| | コメント (0)

2024年1月23日 (火)

御城印、新作販売開始のお知らせ

1月27日から、千葉県旭市の「江ヶ崎城」の御城印が販売開始になります✨
かつて存在した椿の海を取り囲むように築かれた城郭群のひとつです。
下に詳しい説明と、販売情報を書いておきます(-o-)/

20240123-174926


【江ヶ崎城のご説明】千葉県旭市
江ヶ崎城はかつて存在した椿海(つばきのうみ)の南端に位置し、東の低地から西へ突き出した半島状の微高地上築かれました。江ヶ崎城の北方、南方、西方は椿海に面していることから、水上交通と密接に関わる城であったことが推察されます。
また、当時、椿海から太平洋に流れ出していた仁玉(にったま)川にも面していることから、椿海と太平洋を結ぶ水の道を押さえる役目も担っていたと考えられます。

椿海は江戸時代初期に干拓されるまで存在した巨大な湖で、現在の東庄町、旭市、匝瑳市にまたがって広がり、その大きさは東西12km、南北4kmにおよびました。古代から中世において、重要な水運を担う水上交通の大動脈でした。そのため、椿海を囲むようにたくさんの城郭が築かれました。

江ヶ崎城の北西700mには、入江を挟んで仲島城があり、両城で連動して椿海と刑部川の水運を掌握していたと思われます。
江ヶ崎城の築城等に関する詳細は不明で、伝承も残っていません。しかし、現在、江ヶ崎城の主郭と考える場所には子安神社が祀られていて、神社の境内の北側、東側に水堀、西側は空堀になっています。さらに、水堀の内側には土塁が残るとともに、周辺の民家の敷地等にも土塁が一部残存しています。

江ヶ崎城の周辺には、「鎮守郭」「東郭」「西郭」などの小字名が残り、また、古くは「馬場内」「花だて」「中屋敷」などの地名も存在していたといい、それらの地名が城の存在を示しているといえます。
また、子安神社は、明治元年まで妙見社であり、妙見社は千葉氏の信仰を集めた神社であることから、江ヶ崎城は千葉一族に関係する城だったことが推察されます。仲島城は千葉一族である大須賀氏、加瀬氏に関係する城であることから、江ヶ崎城も仲島城、ひいては千葉一族との関係性が偲ばれます。

 

【御城印デザインのご説明】
椿海と太平洋を結ぶ水運の要衝地に築かれた江ヶ崎城の御城印には、地形の分かる地図を配置しました。あわせて、連携して機能していたであろう仲島城の場所も地図上に図示しました。さらに、水上交通の発達した江ヶ崎城をイメージし、行き交う舟を描きました。
江ヶ崎城は千葉一族と関係する城と思われるため、千葉一族の家紋「九曜」をデザインしました。

 

 1月27日(土)から販売開始。
販売場所は以下の2箇所です♪

〇季楽里あさひ

〒289-2511

千葉県旭市イの5238番地

電話:0479-62-0888

9:00~17:00 年中無休



〇まるごとしすい

〒285-0912

千葉県印旛郡酒々井町飯積 2-8-2 

043-376-6810

営業時間 9時~18時 

定休日 毎週月曜日(但し、月曜日が祝日の場合は営業で、翌火曜日がお休みになります)


 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧