2019年4月 4日 (木)

スタンプカード完成💛「一緒にお城100コ行こう!」

Img_2274

オリジナルスタンプカードを作りました!
題して、「一緒にお城100コ行こう!」です。

100コ?!
と思うかもしれませんが、一度のウォーキングで2~4個は行ってます。
なので、結構どんどんスタンプ増えていきます💛

今まで参加していただいた城も、遡ってすべて押します。
既に過去の参加者の方のスタンプカード200人分が完成してまーす。
それぞれの参加記録から、作りました~。
次にお会いしたときに渡しますのでお楽しみに!!

また参加したい!また歩きたい!
とか、
まだ参加したことないけど、参加してみたい!
など、そんなきっかけになればいいなと思ってます。
なので、お城の定義はかなりゆるい。いいんです、歴史を楽しむきっかけになれば。

手作り感満載のかわいいカード💛
奮ってご参加くださいまし。

スタンプの対象は、山城ガールむつみのウォーキングイベント、TABICA、カルチャースクールさいかや横須賀、カルチャースクール上大岡京急百貨店COTONOWAとします。
TABICAの単発イベントで、行きそびれてしまった場所にご参加いただくのもいいかもしれませんね(^^)

| | コメント (0)

2017年5月18日 (木)

「山城ガールむつみの寺子屋!」の巻 其の四

2017年3月24日
山城ガールむつみの寺子屋!第4回!開催されました~。
またまたたくさんの方に来ていただき感謝です。
初参加の方もチラホラ。嬉しいですね。

まず、マクラがわりにちょっと前に行った静岡の旅のお話を。
お土産の直虎クッキーも振舞いました。THEおみやげって感じのクッキーでしたが、美味しかった~。

Img_5774

そして、お城ブームにかこつけて松江城のお話を。
知ってます?松江市って大手門の復元に当たって、懸賞金出してるんですよ、500万!!
大手門を復元するから、当時の姿の分かる絵図か写真に500万!!
平成28年4月から1年間の期間で募ってたんだけど、期間終了の現在でもまだ見つかってないらしい。
みなさん!松江に知り合いか親戚いませんか?蔵を持ってればなおよし!チャンスですよ!と、ハッパをかけさせていただきました(笑
松江城は2015年に国宝になった時も500万の懸賞金懸けてるんですね。築城年が書かれた祈祷札に500万!すぐに神社から見つかって、晴れて国宝になりました。その時の500万を神社側が辞退したので、今回の大手門復元にその懸賞金が回されたんですね。
ちなみに松江城の祈祷札は見つかって、慶長16年(1611年)って文字は書いてあったけど、「松江城」って文字が入ってなかった。状況証拠から言ったら、松江城のものに間違いなく、1611年に松江城が築かれたってことになるんだけど決定的な証拠にならない。そこで、関係者総出で松江城の隅から隅まで探したんですって。その祈祷札と形が一致する痕があるはずだと。そしたら、地下の井戸の横の柱にピタッと一致する痕が!!
それが晴れて決定的な証拠となり、国宝になりましたとさ。ちゃんちゃん。

Img_5784
そんな話をしながら、たまに山城の話を。
ほんとうに山城の話はたまに挟むだけという雑談会。
今回は大矢部城の話をして、本の紹介コーナーでは磯田道史さんの「歴史の愉しみ方」を。わたしは磯田さんが大好きです。歴史を見る目が、切り口がとても暖かくて優しい。こんな風に歴史を感じる人がいたんだ、という嬉しい気持ちになり、感動します。

前にNHKの「達×達」という、違うジャンルの達人たちが対談をするという番組で磯田さんとさかなくんが対談してました。なんて異色の二人!!この二人を選んだスタッフもすごい!

その中で、磯田さんが「僕とさかなくんの共通点は無償の遊戯性を持ってることだと思う」と言ってました。要は、好きなことをやってたら楽しくて楽しくて仕方がなくなり、これを人に伝えたい!この楽しさを知ってほしい!という想いから今ここまで来たと。最初は自分が楽しければそれでよかったのに、突き詰めれば突き詰めるほど自己満足じゃ済まなくなったと、そういうことだと私は解釈しました。
なんだか磯田さんの人柄を表してるような言葉に思えて、とても心がくすぐられました。
好きだからやる、それがスタートだと改めて励まされてような気分。ちなみに私は、さかなくんも大好きです。

Fullsizerender_005


話が逸れましたが、今回紹介の本は磯田さんの歴史コラム、読売新聞の「古今おちこち」の連載をまとめた本です。
忍者の子孫の古文書を調べた話や、古文書から読み解く地震や防災の話。
一番のお気に入りは東京発の新幹線の車窓から見るお城の楽しみ方。しかも、お城も楽しみつつ、関ケ原に向かう家康の気持ちも味わおうという、一粒で二度おいしい歴史の愉しみ方!帰り道は東に向かう石田三成の気持ちを味わいつつ帰路に着く。

面白いんですよ。「どこどこ駅を過ぎたら、進行方向右の席に行け」とか、「どこどこ川を越えたらデッキに行け」とか言って、新幹線からの楽しみ方を指南してくれる。結構、本当に実践するとかなり怪しげな行動も含まれますが…(笑
そんな可愛くも楽しい歴史の愉しみ方。よかったら読んでみてください。

次回の寺子屋は5月26日(金)。ご参加お待ちしてます!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)